Pocket

割り切りの関係を望んでいるのであれば、やはり料金を気にすることが重要です。
料金設定は、その人それぞれなのです。
風俗店のように、大衆店や格安店、高級店といったものによって、料金が大体相場通りなんてことはないのです。

これこそが、個人で行っている割り切りという関係の強味でも弱味でもあります。
相場を調べることは、何よりも大事なことなのです。
相場よりも上か下かで、ある程度のサービスレベルやルックスレベルを想像することが出来ます。

■割り切りの相場とは

割り切りの出会いの場合には、相場の価格があります。
大体1万5000円から3万円と言われています。
この範囲内で相手が請求をしてくる場合には、大体、世の中を分かっていると理解して良いでしょう。

正直いって、相手が明記してくるスリーサイズや写真といったものは、アテにはなりません。
しかしながら、あまりにも高すぎる場合や低すぎる場合には、注意が必要と言えるでしょう。

1万5000円は相場ですが、正直ルックスに期待すると失敗します。
3万円であれば、強気な料金設定ですから、若くて経験があまりない女の子だったり、ステータスレベルが高い女性である可能性が高いです。

■相場で想像すると危険

前述では値段が高いほどにルックスが高かったり、ステータスレベルが高いといったケースが多いと言われていますが、中には、かなり世間知らずの女性もいらっしゃいます。

3万円などという高額な料金設定をしていながら、会ってみると普通のおばさんで、しかもデブ。
こういった場合には、普通にありえないだろうと告げましょう。
料金交渉をその場でし直すか、無理だということをしっかりと伝えましょう。

心配ならば、写真などを要求すると良いのですが、大抵の場合には拒否されることも多いです。
まずは会ってみてからと思っていた方が無難ですね。

■値段交渉はしない方が良い

値段交渉をメールでするのは、ただただ出会いを遠のかせるだけです。
彼女達は男性とは違い、ルックスが云々といったことは全く気にしません。

お金をもらうということが何よりも大前提ですから、キモメンでもフツメンでもイケメンでも関係ないのです。
ただ彼女達が設定した金額を支払ってくれるかどうか。
そこだけがポイントになります。

ですから、値段交渉をするなら、実際に出会ってからの方が良いでしょう。
しかしながら、これをすると、本当に悪評がネット上を駆け巡ることになります。
こいつは値段交渉ばかりしてきてうざいといったような書き込みですね。
こうなると、彼女たちのブラックリストに乗ってしまうことになり、出会いが遠のきますから、注意しましょう。